これは10年ぐらい前に私がお仕事を手伝った、あるエステサロンのお話です。

このエステサロンは、長年オリジナル化粧品の通販会社をやっていた

女性オーナーがエステに進出した第一号店です。

 

このオーナーさんは60代の女性だったのですが、ある化粧品のセールスレディから

独立して20年以上小さな化粧品会社をやってきた方でした。

 

この人との出会いは、私の友人がやっている池袋の美容室でした。

当時私は都内のエステサロンで主に広告の仕事をしていました。

そこでエステサロン経営に興味があるという、このオーナーさんを友人が紹介したのです。

 

大した話もせずにその時は別れたのですが、後日このオーナーさんの会社で

私の話を聞かせて欲しいという電話があったので、早速向かいました。

 

このオーナーさんが言うには、エステベッド2台ぐらいの規模で、スキンケア販売

中心のお店をやりたいとのことでした。

私にはコンサル的なことと、集客に一役買ってくれないか?というオファーでした。

 

その規模のエステサロンなら私のコンサルなんていらないのでは?とも思いましたが、

集客には興味があったので(自信は無い)、軽く引き受けました。

 

この後の営業の細かい話はあまりおもしろくないので、面白い話だけしますと、

まずこのオーナーさん、エステの仕事がどうやら嫌いのようなのです(笑)。

実はオーナーさんには娘さんがいて、この娘さんがエステティシャンなのです。

そして娘さんが1人でエステの施術を担当、オーナーさんが受付から電話の応対、

精算、カウンセリングまで行います。

 

私にはてっきりこのカウンセリング業務(実際はスキンケア製品の販売)を

やって欲しいのかと思ったら違うのです。

集客のほうはインターネットでの宣伝活動が主、それ以外別にやることはありません。

そしてコンサルに関しては全くやっていません。

 

そこにふと気がついたのは、この会社が凄い儲かっていることです。

このオーナーさんには、百名以上のお客さんがついていて、さらに地方にも

通販でこの会社の基礎化粧品を購買してるお客さんがたくさんいるのです。

 

てっきりショボイ商売を予想していた私は、この2人の働きぶり、

プロフェッショナルさに心から驚きました。

いや~こんな商売の方法があるんだなぁ、と・・・

 

そして数日した時に、オーナーさんに私は何か役に立ってますか?と聞くと、

本当はエステは娘、オーナーさん自身はカウンセリング、それ以外の全部を

私にやってもらう気でいたとのこと。

 

掛け持ちでそれはムリですよ~とお断りしましたが、このお店のあまりにも

効率のいい商売を見ていて、完全にここで働いた方いいのかも?と

ずいぶん悩みました。

 

結局広告の仕事だけ1年ぐらいやったのですが、娘さんがヨーロッパに

留学するとかで、エステサロンは売ってしまい、私も辞めることになりました。

 

その後、オーナーさんは以前のようにスキンケア製品の通販に戻るのですが

この会社にも、いつもお客さんが来ていて、通販で送る商品も毎日数個は

あります。 それにしても、このオーナーさん、大手化粧品のセールスレディ時代

からのお客さんとそのツテだけで、これだけ商売を繁盛させるとは・・

 

この手腕に驚くとともに、美容ってやっぱり儲かるんだなと思いました。

 

ただ最後に、なぜこのオーナーさんにはこんなに多くの顧客が付いているか?

の説明をしておきます。

 

まず基礎化粧品なのですが、これは以前の大手化粧品会社の契約工場に

頼んで作ってもらっているとのこと。 詳細は何も教えてくれませんでしたが、

顧客の反応は抜群でした。

 

価格は高いんですよ~ 一式で16万円ぐらいです。

もちろん単品でも購入できます。

そしてこういう高額化粧品セットが売れ続ける理由ですが、これは

このオーナさんの丁寧なカウンセリングです。 まあお肌について詳しい事。

昔、毎日日本中の街を回って実践して、経験を積んだからできることなんだそうです。

 

相手が「こうです」と言う前に、ほとんど百発百中で当てるんですよね、

お肌の悩みから、痩身まで。 でも1日中勉强してましたね。

知識もドクターや研究者レベルでした。

でもそのくらいでないと、あんな商売は成り立たないと思います。

後にも先にもあんなスタイルのエステサロン、化粧品会社は見たことがありません。