デパートの一階、化粧品売り場といえば、誰もが認める美人密集地です。

意味もなくブラブラする男性も多いと思います。

それはそうですよね、私もデパートに用事があれば必ずチェックします(笑)。

 

彼女たちは最新のメイクで武装し、ビシッとスーツを着こなすスター軍団ですが、

果たして美容の知識はあるのか?

考えたことはありませんか?

 

女性の方でも、この人達はキレイだけど、数万円もする化粧品の購入に

アドバイスを出来るレベルなのだろうか?

だって専門家でもない、昨日今日面接に来て、ちょっと足が細い程度で

採用されたトーシロでは無いだろうか?(笑)。

 

こんな風に考えても不思議ではありません。

そこで私の体験談をお話します。

 

だいぶ前ですが、新宿の伊勢丹に香水を買いに行きました。

当時付き合っていた彼女へのプレゼントだったのですが、ブランドも製品も

決めて買いに行った時のことです。

 

私は香水やトワレ系にそれほど詳しいわけでは無いので、

友人がつけていて「ああ、いい香りだな」なんて思ったので決めた、

その程度の理由で選んだ商品でした。

 

そこでそのブランドのショップにいって買おうかなと思った時に、

そうだ化粧品コーナーでも売ってるよな、なんて思い行き先変更、

ブランドのショップではなく、化粧品売り場へいきます。

 

ちょっとうろ覚えなのですが、その時に香水コーナーへ案内されたような

記憶があります。 そしてその女性と話す事になります。

 

「OOが欲しいんだけど」と私が言うと、

「贈り物ですか」と聞かれます。

まあ女性物ですので、そう聞きますよね。

そこでそうだというと、まずその商品を、そしていくつか別のものも紹介してくれます。

リトマス紙みたいなのにつけて香りをチェックさせてくれるのですが、

この時に同系統の匂いならこちら~

別系統ならこちらもおすすめ~

みたいに流れるように説明してくれます。

 

多少心は動きましたが、結局最初から決めていたものに決定。

その時に、ちょっと気になっていたことを聞いてみます。

「ブランドの担当の人は、基礎化粧品もそのブランドを使うんですか?」

一応、オネエサンのお肌があまりにもキレイなんで・・と付け加えて。

 

そうするとこの人は、「私が使っているのはコレとコレで~」みたいに

話してくれます。 もちろん別ブランドで、肌質に最適なものを探すために

長年使っているから~とか、同じシリーズで揃えたほうが~なんて考えは

ナンセンスです!と熱く語ってくれました(笑)。

 

途中、少し専門的な事も聞いたので、この人は楽しかったんじゃないかと

思いますが、その知識たるや尊敬モノでしたね。

いや~鍛えられてる、そのプロフェッショナルさも熱意も、信頼して問題なし

と感じました。

 

全員が全員ということもないと思いますが、彼女たちはルックスだけではないですよ。

10年以上前の話ですが、たぶん今も変わっていないと思います。