前回の記事の続きで、

過去に日焼けしたためにシミになってしまった場合の対策について、

今回は具体的に書いていきます。

 

 

日焼け跡のシミのパターン

 

ある程度歳をとった時に、日焼け跡がシミとして残るパターンで最も多いのが、

ホクロのような跡になるパターンです。

 

この場合はだいたい大きなホクロのように1つシミが出来、その周囲に

細かいシミがポッポツ分散されるパターン。

これは多くの人に見られますし、男女問わず出てくる厄介なシミです。

 

次に多いのがホクロほど濃い色ではなく、ちょうど日焼けした時のような色で、

そのまま大きめのシミが出来るパターンです。

これもかなり目立つシミなので厄介ですね。

しかもこのパターンはだいたい頬の中央やおでこなど、思いっきり目立つ

場所に出るので、必要以上に人目を気にしてしまうでしょう。

ただしメイクで隠すのは簡単なので、まだ気楽かもしれません。

 

 

日焼け跡のおすすめシミ対策

 

それでは具体的な対策です。

 

まず最も効果的なのは、まだそれほど目立たないうちに対策をする事です。

まだそれほど目立たないが、なんとなくシミになっている部分があると

気付いたら要注意です。

 

とにかくシミ対策は「早くやること」これが最も効果的な手段になります。

すこしでも気が付いたら、仮に20代前半でもこれに気付いたら

対策をしてください。

 

では対策とは何?となりますよね。

ですが難しいことはありません。

そこそこ有名なホワイトニング製品であれば、とりあえずそれでOKです。

要は「ホワイトニングを開始する」、これだけです。

 

雑誌やTVでは、古くはアロエのパック、最近ではお酒やキュウリのエキスを

活用する方法など、いろいろ紹介されています。

ですが現在の大手化粧品メーカーのホワイトニング製品は、

非常にハイレベルです。

 

こういった研究しつくされた製品を使うのは王道です。

まずこれで対策する。それも一刻も早く。

そこで効果がなかったら、調べる、エステに通う、など次のステップへ。

 

最初はとにかくホワイトニングを始めること、それが一番の優先事項ですね。