口内炎とビタミンB

美肌対策 美肌対策

 

口内炎ができると、食べ物を食べるのが苦痛ですよね。

そんな時、ビタミンを多く摂取すると治りが早いと言われています。

しかし、ビタミン=ビタミンCと勘違いしている人が多いようです。

 

口内炎に効果があるビタミンはビタミンBなのです。

ビタミンBの中でもB2は、皮膚や粘膜を正常に保つ働きが期待できるので、

口内炎ができやすい人は、ビタミンB2を多く含んだ食べ物を多く食べるとか、

サプリメントを飲むと良いようです。

 

最近はサプリメント以外でも、グリーンスムージーなどを実践し、

大量の野菜やフルーツの摂取を心掛けている方も多いですね。

 

ですがグリーンスムージーと簡単に言っても、野菜やフルーツは高いし、ミキサーで作り

後片付けするのは面倒ですよね。

まあ、最近は粉末タイプも良いものが出ているので、そちらでビタミンを取るというのは

いい考えかもしれません。

 

興味がおありの方はこちら=粉末グリーンスムージーの解説

 

ですが口内炎などの肌荒れは、ビタミン全般というより、「ビタミンB」に特化している方が体には効果的です。

 

そこで口内炎ができたときや、ニキビが治らないときなどチョコラBBを飲んだことがある人は多いのではないでしょうか。

このBBというのは、ビタミンBのことだと知らない人も多いようです。

医薬品としてもビタミンB群は使われるほど、皮膚や粘膜には必要な栄養素なのです。

 

少し疲れて元気が出ないとか、何となくやる気が出ないときにもビタミンBを意識してとるようにすると、効果があるようです。

ちょっとした不調の時は、栄養の不足や偏りが原因のことが多いからです。

考えてみると忙しくて外食が多かったっり、食事を抜いてしまっているのではないでしょうか。

 

ビタミンBは、8種類の成分それぞれが相互作用で効果を発揮します。

バランスよく摂取するにはサプリメントがお勧めです

 

吸収力なら錠剤より、断然ドリンクですね。

 

 

コメント