脇の処理でカミソリ負け・・治す方法は?

脇 カミソリ 黒い 美肌対策

ムダ毛を自己処理するときに気を付けたいのが肌トラブルです。

カミソリで自己処理するときはカミソリ負けになってしまうことがあります。

カミソリ負けの原因は肌が乾燥しているときに剃ってしまったり、深剃りや逆剃りしてしまうことが挙げられます。

また、カミソリの刃が古くなっていたり、同じ部分を頻繁に剃ることも原因になることがあります。

特に脇の処理でカミソリ負けしてしまうことがよくありますが、脇のカミソリ負けは恥ずかしい思いをするので気を付けたいところです。

その脇の処理でカミソリ負けしてしまうとヒリヒリすることや真っ赤になること、ブツブツができることや黒くなることがあります。

脇の黒ずみ

この肌トラブルはカミソリの刃によって肌が傷けられているからです。

酷いトラブルになると傷付いた毛穴に雑菌が侵入して炎症を引き起こし、毛嚢炎などを発症してしまいます。

毛嚢炎が発症してしまうとなかなか治りませんし、治っても痕が残ってしまうことがありますので、ニキビ跡のようにクレーターになって目立ってしまうこともあります。

それに、痒くなって掻きむしることもあります。

掻くことによって肌状態は悪化していきますので、すぐに対処しないといけません。

こうした脇のカミソリ負けを治す方法は冷やすことで痒みは収まりますし、毛嚢炎などの炎症は薬を塗ることで治すことができます。

特に肌が弱い人はカミソリ負けしやすいので、脇の処理でカミソリを使用するのはやめたほうが良いでしょう。

 

ステロイド系の塗り薬

カミソリ負けはヒリヒリした痛みや痒み、赤みやブツブツなどの湿疹を引き起こすので、早めに対処しなければいけません。

それに、ブツブツや黒ずみは色素沈着を起こして残ってしまうことがあります。

こうした肌トラブルの対処法の一つにステロイド系の塗り薬を使用することがあります。

ステロイド系の塗り薬はカミソリ負けの肌トラブルに効果があり、炎症を抑えることができますので病院に行っても処方されることがあります。

しかし、使用する人によっては逆効果になることもあり、長期的に使用すると皮膚が薄くなってシワができたり薬を塗った部分が毛深くなることがあります。

また、湿疹が悪化することもありますし、細菌やウィルスに感染しやすくなることもありますので、ステロイド系の塗り薬を使用するときは医師に相談してからの方が良いと言えます。

このような逆効果も考えられますが、カミソリ負けが根本的な原因になっていますので、脇の自己処理は違う方法で行ったほうが良いでしょう。

 

家庭用脱毛器やクリームなら安全?

脇の自己処理は肌トラブルを起こしやすいので注意が必要です。

カミソリや毛抜きなどの自己処理は特に肌トラブルを起こしやすいので、なるべく違う方法で自己処理したほうが良いのです。

家庭用脱毛器やクリームなどを使用すればある程度の効果はあるかもしれません。

しかし、肌が弱い人はどのような方法で自己処理しても肌荒れしやすいので安全とは言い切れません。

それに、肌が弱くない人は使ってみないと分からないこともあります。

脇の自己処理で肌トラブルを起こした人は早めに対処する必要があります。

もしも、肌荒れがひどくなってしまった場合は、すぐに病院の皮膚科に行って医師に診てもらってください。

医師の診断で適切な方法を提案してくれますのでしっかり対処することができます。

ムダ毛の自己処理は男女関係なく行いますので、誰でも気を付けておかなければいけません。

家庭用脱毛器やクリームを1度試してみるのも良いのですが、少しでも肌に異変がみられたときはすぐに使用を中止し、専門医に診てもらってください。

脱毛器の専門サイト=http://家庭用脱毛器の選び方.com/

すごく効くと評判の黒ずみ除去クリームの詳細=脇の黒ずみ解消クリームおすすめランキング!

コメント