開いた毛穴に使うべきクレンジングは?今のままでは悪化します!

クレンジング 毛穴 美肌対策

毛穴 クレンジング

毛穴が開いていたり、黒ずんでボツボツと目立ってしまっている人は、クレンジングに注目してみましょう。

毛穴が開いて見えるのは、毛穴に皮脂や汚れが溜まった状態になっているからかもしれません。

毎日の皮脂汚れ・メイク汚れをクレンジングできちんと落とせていないと、毛穴に汚れが蓄積されていき、開いているように見えてしまうのです。

そして、クレンジングを行う際に使用するクレンジング剤選びにもポイントがあります。

クレンジング剤には、オイル・クリーム・ジェル・ローションなどのさまざまなタイプがあり、自分の肌に合ったクレンジング剤を使用しないと、逆に毛穴の開きを悪化させてしまう恐れがあります。

例えば、オイルタイプのクレンジング剤は洗浄力が高く、メイク汚れをきちんと落とせることで有名です。

しかし、オイルタイプのクレンジング剤には界面活性剤が多く含まれているため、洗浄力は高いですが肌への負担も大きくなってしまいます。

オイルタイプのクレンジング剤でゴシゴシ洗うと、肌へのダメージが大きくなったり、クレンジング後の乾燥が酷くなり、毛穴が開く原因となってしまうのです。

最近人気のクレンジングに「バーム」があります。バームタイプのクレンジングは、手のひらに乗せた瞬間に溶けるほどで、とても浸透力に優れています。アッという間にクレンジングが完了しますしW洗顔も不要というお手軽さです。とても使いやすいので、バームタイプもぜひ選択肢に入れて下さい。 詳しくは=DUOクレンジングバーム

なぜ毛穴が開くのか?

毛穴が開く原因は、汚れ詰まり、たるみ、乾燥、ニキビの悪化などです。

日頃からセルフケアできるものは、「汚れ詰まり」や「乾燥」ですね。

私たちの肌は、24時間365日空気に触れており、空気中のホコリや化学物質などの汚れなどの刺激にさらされています。

さらに、出掛けるときにメイクをしたり、肌に残った古い角質や雑菌などによる刺激も受けているので、常に清潔な状態でいることは難しいです。

だからこそ、1日の終わりにはきちんとクレンジング・洗顔を行い、毛穴に溜め込んだ汚れをできるだけ落とすよう意識しなければなりません。

正しいクレンジング・洗顔で肌を清潔に保ち、さらに保湿ケアで肌を外部の刺激から守ることで、毛穴の開きが目立たない健康な肌を目指していきましょう。

また、毎日使用するクレンジング剤や洗顔フォームが自分の肌に合っていないと、肌への刺激となって毛穴の開きを悪化させてしまう恐れがあります。

クレンジング・洗顔のたびに肌に負担が掛かるので、肌が乾燥しがちになり、毛穴が開く原因である「乾燥」の当てはまってしまいます。

もちろん、クレンジング・洗顔後にきちんと保湿ケアで対処している人もいるとは思いますが、自分の肌に合ったクレンジング剤・洗顔フォームを使用することで、さらに綺麗な肌を目指していけるでしょう。

 

つまり毛穴に有効なクレンジング

毛穴の開きを改善・予防するためには、「肌への負担や刺激が少ない」「肌を乾燥させない」「メイク汚れをきちんと落とす」などの条件が揃ったクレンジング剤が良さそうですね。

オイルタイプやローションタイプのクレンジング剤は、高い洗浄力でメイク汚れをきちんと落とせるメリットがありますが、肌に掛かる負担が大きいです。

これでは毛穴の開きを悪化させる恐れがあるので、毛穴の開きを気にしている人にはあまりおすすめできません。

毛穴の開きに有効なクレンジング剤は、クリーム(ミルク)タイプまたはジェルタイプです。

クリーム(ミルク)タイプは低刺激で、高い保湿効果が期待できます。

乾燥が気になる人だけでなく、敏感肌でも使用している人が多いクレンジング剤なので、毛穴の状態を改善していくために低刺激のクレンジングを行いたい人におすすめです。

洗浄力はオイルタイプ・ローションタイプに劣るかと思われるので、濃いアイメイクにはアイメイク専用クレンジングを使用するなど、部分的にクレンジング剤を使い分ければメイク汚れが残る心配がありません。

ジェルタイプも、肌への負担が少ないクレンジング剤だと言われています。

こちらも保湿効果が高く、乾燥肌を予防できますし、ベタつかずサッパリとした洗い心地が魅力です。

肌に伸ばしやすいので、クレンジング・洗顔時に顔のマッサージを行っている人も使いやすいと感じられるでしょう。

 

コメント