静電気は美容にとって、とてもよろしくないものです。

といっても、肌が荒れるとか、髪が傷むとかいうものではありません。

髪が傷むというのは少しあるかもしれませんが、それより静電気を帯びていると

その人自体が美しくないのです。

 

 

静電気を帯びるというのは言葉的に正しいのかちょっと心配ですが

(電気を帯びるとは言いますよね)、とにかく静電気のない体を保ってください。

 

まず静電気のどこが美しくないか?ですが・・

ヘアスタイルが最悪になる。

髪や衣服にゴミやホコリが付く。

何故か手荒れがひどくなる。

 

そうなんです、ヘアスタイルにとって静電気は天敵、黒い服にも静電気は天敵、

手荒れ? そう思う方と、そうなのよ~と思った方、両方でしょうか?

 

私が静電気と手荒れの関係に気づいたのは、美容師になりたての頃です。

正確には美容師見習い、インターンの頃です。

 

この頃、仕事柄シャンプーばかりするので手が荒れていました。

それと同時にシャンプー中の水がよく靴に入り、靴が臭くなることがよくありました。

客商売ですから、手荒れより、靴や足が臭い方が断然ヤバイので、

いろいろ考えた末、サンダルを履くことにしました。

 

ちょっとオシャレなサンダルで、完全防水タイプのものでした。

結論から言いますと、これで臭いは解決したのですが、その後ヒドイ静電気に

悩まされる日々が続きます。

 

何を触っても「バチッ!」ときます。 もう仕事中なのにビクビクしてましたね(笑)。

そうすると、歯科医のお客さんに静電気はサンダルから来るんだよ、と言われ、

医療用の靴を紹介されました(防水のもの)。

 

サンダルやスニーカーの一部は、下に電気が抜けないために体に静電気を

ためてしまうんだそうです。 なので底に電気が逃げる工夫のあるものに変えれば

いいんだ、と歯科医のお客さんに教えてもらいました。

 

そして水が入って靴が臭くなるならと、靴用の防水スプレーも教えてもらいました。

*当時はこういうものがあまりなかったんですね。

 

するとどうでしょう、静電気はサッパリなくなりました。

そして気が付くと手荒れまで治ってるじゃないですか。

これ何ででしょうか? 今考えると、当時は静電気が怖くてハンドクリームを

1日中塗っていたので、おそらくこれが関係していると思います。

 

治そうとして、逆に荒れていたということだと思うんですね。

静電気が収まり、自然とハンドクリームをあまり使わなくなり、

手荒れも完全に治りました。

 

手荒れを静電気のせいにするのもなんですが、「静電気は美しくない」、

これだけは確かだと思います。