「人間は一番最初に相手の目を見る」なんてよく言いますが、

キレイになりたいと考える方も、まず目をキレイに見せたいと

思うが多いようです。

 

相手の目線が一番集中するパーツが目なわけですから、

これは当然でしょう。

 

それでは目をキレイに見せるのはどうすればいいか?

 

きれいな二重まぶた

 

これに困っている方が一番多いのは間違いないでしょう。

ただあまり悩む必要はありません。

というのもアジア人(特に東アジア人)の顔は世界で最も二重に向かない、

なりにくい骨格になっているからです。

 

悩む必要が無いというより、これは当然なのです。

欧米系の顔とは造り自体が全く違うので、いくら日本でチヤホヤされている

女性でも、欧米の人に混じったらのっぺりした、いわゆる「東洋チックな顔」に

見えてしまうのです。

 

この東洋系の顔は欧米の男性に人気はあるのですが、東アジア人は

どうしても彫りの深い顔を望みます。

 

この顔の造りの違いで、最も人に印象をあたえるのが「目」なのは

間違いありません。

鼻や口も大きく違いますが、基本は目の造りの違いでしょう。

 

そこで日本で現在「カワイイ」とか「美形」と言われている顔はどうか?

これも当然、基本パッチリした瞳ということになります。

 

ではああいう「パチッとした目」になりたい場合どうすればいいか?

 

90%以上が最終的にプチ整形

 

そうなのです。

アイプチ系の製品は数多くありますが、結局は「二重まぶたの整形」に落ち着きます。

 

現在は金額的にもそれほど高くなく、入院の必要もないので若い方中心に

多くの女性が二重まぶたの整形をしています。

 

これに関しいろいろ言う方もいますが、私の意見では「やりたいと思うなら

やった方がいい」と思っています。

 

自然がナントカ~とか、親にもらった大事な顔を~とかの意見もあるでしょう。

ですが実際にたったそれだけの事で、大きく傷ついた女性を私は多く知っています。

彼女たちの多くはその後、このプチ整形によって自信を取り戻しています。

 

そして目をキレイに見せるのは、美容に携わる人間でも難易度は高いのです。

大きい小さいだけで90%近く決まってしまうパーツだからですね。

これを努力で解決するのはほとんどの場合、時間とお金と労力の無駄になります。

 

そしてどんなにキレイ事を語っても、世の男性はルックスで多くを決めつけます。

いや、それは女性も同じですね。

女性はイケメンが好きですし、男性は美人が好きなのです。

これを否定しても何も変わりません。

 

変わろうとする心があるなら、手を伸ばせば掴める場所にそれがあるなら、

躊躇なく掴めば良いと思います。

 

この記事の続きがあります=目をキレイに見せるコツは?