最初に書いておきます。

脇の臭いは対策さえすれば、ある程度どうにかなります。

簡単な対策で完璧に誰も気が付かなくなる、とか、全く臭いが無くなるとは言いません。

 

脇の臭いの元は汗がでるからです。

それを止めるというのは現実的に不可能なので(手術を除く)、

100%脇の臭いを止められるとは言いません、

 

ですが対策後、かなり時間が経たない限り、あまり気にならないようには出来ます。

そしてそれはほとんどの人間がやっていることですので、どうぞ積極的に対策してください。

 

 

 

何もしないのは誰にとっても迷惑

 

これは覚えてください。

人のことを「ワキガだ!」とかバカにする人をたまに見かけますが、

体臭がない人間なんてほとんどいません。

誰であろうが、少なからず体臭はあり、体調や食事も関係しますが、汗をたくさんかけば

その後はだいたい汗臭くなるものです。

 

ですので、誰もが脇の臭い対策をしているという意識を持ってください。

自分はワキガだ、とか、自分だけ臭うなんていう考えは間違えています。

普通の人が髪や体を洗うように、脇の臭いも同じです。

ただ洗っただけではなく、もう一工夫加える事です。

 

それはデオドラント製品が効果的です。

簡単に書くと、制汗剤などのデオドラント製品。スプレー式でもリキッドロールでもOK。

リキッドロールのほうが効き目が強いと言われていますが、どうでしょう?

 

そしてそれとは別に専用のデオドラント製品。

これはワキガ臭対策の製品ですね。

昔から言われていますが、「ミョウバン」は制汗に効果が高く、

ワキガにも配合製品がいくつか発売されています。

古い美容師(失礼)の間では、ミョウバン水で制汗するのは常識でした。

 

変な製品を買うなら、こういった正攻法がおすすめです。

よくわからないハーブやら、聞いたこともない化学物質はいらないでしょう。

 

 

多汗症は一筋縄では行きません

 

多汗症というものがあります。

汗をかきやすい症状ですが、これは精神的なものや遺伝的なもの、いろいろな

パターンが有り、実際にはわかっていないことも多いようです。

 

そして脇汗だけかきやすいというパターンも少なくありません。

この場合、脇の臭いもセットになる場合が多く、非常に厄介ですね。

 

特にお店で店員と話しているだけで、大量の脇汗をかく、試験など緊張する場面で

汗をかきやすいなど、症状のパターンも多いです。

 

そしてこの対策ですが、あまりにひどい場合を除き、汗パットや下着(Tシャツ)で、

汗を吸い取るのが簡単で最も効果的です。

もちろん制汗剤を使った上での話です。

真夏にTシャツを着てワイシャツというのは、少し暑いですが汗が多い場合これしかありません。

男でも汗取りパットを使うのがいいでしょう。

女性なら必須ですね。

 

多汗の場合は、こういった地道な対策が一番効果的です。

こちらもご参考に=汗をたくさんかいてしまう・・・抑える方法は?