新陳代謝が良い人は、体の細胞の生まれ変わりが活発なので、より健康的に生活することが出来ます。

新陳代謝が良い人の特徴としては、運動をした時に沢山汗をかいたり、脂肪が燃えやすいなどがあります。

ですが、汗を沢山かく人が必ずしも新陳代謝が良いというわけではありません。
例えば、肥満の人などは新陳代謝が悪くても汗を多くかくことがあります。
汗は、体温が上がることで体温調節をしようとしてかくものです。

太っている人 汗かき
太っている人は皮下脂肪が多いため、熱が体内にこもりやすくなります。
熱がこもることで体温が上がり、汗を沢山かいてしまうのです。

多汗症についての詳しい説明はこちら=多汗症とは?

では、新陳代謝の良い悪いはどうやって判断したら良いのでしょうか?
新陳代謝が良い人は、サラサラとした汗をかくことが特徴です。
そのため、激しい運動をしてかいた汗でもあまり臭いません。

これに対し、新陳代謝が悪い人の汗はベタベタしていることが多いです。
また、太りやすいかどうか、冷え性ではないかどうかなどで判断するのも良いでしょう。

新陳代謝が悪い人は、食べるとすぐに太ってしまったり、冷え性であることが多いです。
このようにいくつかのポイントをチェックしていくことで、新陳代謝の良い悪いを確認すると良いでしょう。

 

新陳代謝が良い人の傾向

新陳代謝が良い人は、汗かきであるという話をよく耳にしますよね。
確かに、新陳代謝が良い人は体温が高いので、激しい運動をすると汗をかきやすいです。

新陳代謝が良い人は、体内の細胞が生まれ変わる働きが活発です。
体内の細胞が生まれ変わる時にエネルギーを多く消費しますので、体温が高くなります。
そのため、人よりも汗をかきやすいのです。

ですが、新陳代謝が良い人のかく汗は、サラサラとした汗であることが多いです。
沢山汗をかいても、嫌なニオイがありません。

運動 新陳代謝

運動をして沢山汗をかいた後にはデオドラントシートなどで拭き取れば良いですし、
ニオイがしないのでそれほど困ることも無いでしょう。

新陳代謝が悪くても、汗かきな人はいます。
更年期障害などの病気の症状で汗かきな人もいますが、太っていることが理由で汗かきな人もいます。

太っている人は、皮下脂肪があることで熱が体内にこもりやすくなってしまいます。
体が体温調節をしようとすることで、多く汗をかくようになってしまうのです。

このように新陳代謝が良いわけではなく他の理由で汗かきな人は、ベタベタとした汗をかくことが多いです。
自分が普段どのような汗をかいているかで、新陳代謝の良い悪いを判断することが出来るでしょう。