汗の量が多い人の特徴として、肥満や冷え性などが挙げられます。

太っている人は、皮下脂肪がついていることで体内に熱がこもりやすくなっています。熱がこもって体温が上がることで、体温調節をするために汗を沢山かくようになります。このように太っている人がかく汗は、ベタベタとした汗であることが多いです。

また、冷え性の人も汗をかきやすいと言われています。これはとても意外かもしれませんが、冷え性の人は発汗をコントロールする機能が低下していることがあります。そのため、脇や掌など部分的にベタベタとした汗を沢山かくことがあります。

 

また、サラサラとしたニオイの少ない汗を大量にかくという人は、新陳代謝が良いという証拠です。新陳代謝が良い人は、体の細胞が生まれ変わる働きが活発です。細胞の生まれ変わりには大きなエネルギーを使いますので、体温が上がって汗を多くかいてしまうのです。

ですが、新陳代謝が良い人の汗はベタつかずニオイも少ないので、それほど生活に支障をきたすことは無いでしょう。

更年期障害などの病気の症状で汗の量が増えてしまうこともあります。緊張や不安を感じた時に特に汗をかく人は、多汗症という病気の場合もあります。汗の量が人よりも多いことで悩んでいたら、一度病院で相談してみるのも良いかもしれません。

 

汗の量を減らす、抑える方法は?

汗の量を減らすために、体質から改善したいと考えている人もいるでしょう。肥満の人は痩せることで汗の量を減らせる可能性がありますし、冷え性の人は体の血行を改善することで発汗のコントロールを出来るようになります。

ですが、突然体質を改善するというのは難しいことです。もしも出来るだけ手っ取り早く汗かきを解消したいと思っているのなら、汗を抑えることの出来る食品などを積極的に摂取すると良いかもしれません。

 

「ポリフェノール」という成分は、汗を抑えたり、汗をかいた時のきついニオイを抑える働きがあることで有名です。ポリフェノールは様々な食品に含まれており、普段の食生活にも気軽に取り入れることが出来ます。

例えば、トマトやほうれん草など、毎日の料理に取り入れることの出来る野菜に含まれています。緑茶など日頃から気軽に飲むことの出来る飲み物にも多く含まれており、子供から大人まで、毎日ポリフェノールを摂取することが出来ます。

また、赤ワインに豊富なポリフェノールが含まれていることをご存知でしょうか。赤ワインには、数種類のポリフェノールが含まれていますので、健康のために飲むことはとてもおすすめです。

普段の食生活にポリフェノールを多く含む食品を取り入れることで、汗対策をしてみると良いでしょう。

本格的に抑えたいという方はこちら=http://www.blogsalope.com/