10代、20代前半のスキンケア

コスメ コスメ

最近は、10代や20代前半の女性でもバッチリとスキンケアを行っている方が多いです。

ですが私から見ると、そんな必要はないと感じる場合がほとんどです。

 

あっ、20代前半とは22歳までとしましょう (以後はまとめて10代と書きます)。

具体的に話したほうがいいですよね。 *ただ実際は個体差があります。

 

まずなぜ10代の女性にスキンケアがいらないのか?ですが、

これは一般的にいわれているようなことです。

すごく簡単に書くと、10代の肌は回復力が強い。

言い換えれば「再生能力が高い」ということです。

 

スキンケアの本なんかを読むと「新陳代謝が大事」と必ずありますよね。

基礎化粧品の役割の多くの部分はこの新陳代謝の促進。

ですが10代なら体が強いので、コスメの威力を必要としないのです。

 

ですが10代の皆さん、アナタには他にやることがあります。

もちろん勉強じゃないですよ(笑)。

10代がやるべきスキンケアは、「確実な洗顔」そして「ニキビ治療」です。

欲を言えばUVカットも必要ですが、まずは上記2点だけを意識して下さい。

 

まず洗顔は、なるべく低刺激タイプの市販のものを使えばOKです。

ただし100円ショップとかは絶対にダメですよ。

ビオレとかダブとかでじゅうぶんです。

洗顔の回数は、1日5回ぐらいに分けてやるといいでしょう。

汗をかいた後は水でいいので必ず流すことです。

部活等がある方は、先生に医師に言われているとでも伝えて、

なるべく水で流すようにして下さい。

 

そしてニキビ治療ですが、これも高価な洗顔や薬は必要ありません。

しっかり洗顔した後に、市販の化膿予防薬を塗ればOK。

 

ちなみにプロが使うものは

ドルマイシン軟膏ですね。 安いでしょ。

覚えておいて下さい。 ニキビにほんの少し塗ればいいです。

ただし、すべての薬には合う合わないがあります。

顔につけるものですから、まずパッチテストから初めて下さい。

 

 

コメント