化粧品が肌に合うかを確かめる人は多いですが、合わないことを

確かめる人はほとんどいないでしょう。

ですがこれが必要な方は意外と多いのです。

 

 

ある程度の年齡の方は特に必要です

 

ある程度年齡を重ねた方の場合、特にこれが必要になります。

 

どういう事かといいますと、過去に使った化粧品で合わないとか、

赤くなった、かぶれた、湿疹が出たなどで使わなくなった化粧品。

 

その中には、知り合いの方に「これいいよ~」と薦められたり、

美容部員に薦められたり、CMで大好評だよ言われたりしている

人気商品が合ったりしませんか?

 

「あの人気化粧品がなぜか私には合わなかった」というのが、

だいたい誰にでも、そういう化粧品が1つや2つ有るものです。

 

ですがよく考えてください。

その化粧品は本当にアナタに合わないのでしょうか?

一回肌に合わないと感じただけで、実は違う要因で何らかの

症状が出たという可能性もあります。

 

そしてそういう経験は年齡と比例するのが普通です。

ではその理由は?

 

 

体調によって耐性は変化する

 

化粧品の何か1つの成分に対してアレルギー症状が出る。

普段そんなことはないのに、この化粧品を使った時だけ

肌が赤くなり痒みも出た。

 

全てとは言いませんが、こういう経験の大きな理由に、

「その日の体調」、「その日の食べ物」が要因となっている場合が

有るのです。

 

それは体調が思わしくなく肌が荒れた、何かの食品に軽いアレルギーが有る

などという要因ですね。

 

これが複合されて、化粧品にもアレルギー症状的なものが出る。

このパターンは少なくないのです。

 

特に年齡を重ねると、体質にも変化が出てきます。

以前は大丈夫だった物質にアレルギー症状が出たり、

その逆だったりですね。

 

なので上記のような経験がおありの方は、一度パッチテストを

してみることをおすすめします。

 

これによってアレルゲンが特定できる可能性もあるので、

テストすることにマイナスはありません。

 

正しいパッチテストの方法は=パッチテストのやり方