産後の体型とバストアップについて

ダイエット ダイエット関連

 

妊娠出産時には、バストは通常よりも大きくなります。

この時期、一番バストが大きくなったと感じる女性はとても多いのではないでしょうか。

平均すると、2,3カップ程大きくなるといわれています。

 

しかし、これは母乳を出す為のバストアップです。

母乳を出す為に女性ホルモンが充満し、バストもどんどん大きくなっていくのです。

 

これには個人差があり、母乳が出にくい体質の女性もいます。

その場合は、通常よりも妊娠中や出産後のバストの変化も少ないかもしれません。

 

出産後バストは、一年ほど大きな状態を保ちます。

しかし離乳時期になるとどんどんバストが小さくなり、元のサイズに戻ってしまうでしょう。

人によっては元よりも小さなバストになってしまったり、バストの垂れを感じる可能性もあります。

 

これを改善する為には、産後の努力が必要です。

参考にしたサイト=産後の胸の垂れを治す・戻す方法

 

まず、授乳ブラと普通のブラ。

授乳時期は授乳中の柔らかいブラを付ける人も多いでしょう。

しかし授乳ブラはホールド力も低く、バストを垂れさせてしまう可能性があります。

 

離乳時期を感じたら、できるだけ早く普通のブラに変えることが大切です。

 

産後の運動も重要です。

胸筋を鍛えていれば、たれを防ぐことが出来ます。

忙しい時期かも知れませんが、合間を見つけて筋トレをしてみてください。

 

 

コメント