何日ぐらい出ないと便秘?

便秘改善 ダイエット関連

便秘改善

「今日で○日も出ていない!」なんて会話を女性はよくしますが、1週間はざらでも10日以上となるとさすがに体に異常があるはず・・・しかし、一般的には何日出ないと便秘と言えるのでしょうか?

排便は毎日あるべきと思っている人が多いようですが、人それぞれ排便の量や頻度は違うため、必ずしも毎日同じ時間に出るということが正しいわけではありません。

2.3日に一回のペースの人も、それでお腹が痛かったり重い、苦しいなどの感じがなければ、それはその人に合った排便ペースで気にすることはないのです。

逆に毎日出ているのにまだ残っている気がして苦しいという人もいるので、あまり日数や回数ばかり気にする必要はありません。

人間は前日食べたものを朝すっきり便として出すのが健康だと勘違いしてしまいますが、そんな風に都合よくいかない場合が多く忙しい毎日の中で決められた時間にきちんと便意を感じるものではないのです。

それにとらわれ過ぎると、自分は便秘で体に便が溜まって毒素がたくさん充満しているなど精神的に追いつめられることになります。

便秘は確かに健康に良いことではありませんが、自分の排便ペースを知ることで本当の健康状態が分かるのではないでしょうか?

 

参考サイト=驚くほど便通を良くする人気商品TOP3!

 

便秘になるとどんな悪影響が出る?

便秘になるとお腹が苦しくなったり痛くなったり、女性は下っ腹がポッコリ出てしまうと見た目まで悪くなるので嫌なものです。

なかには便がたまり過ぎて吐き気や食欲不振などの症状が出る人もいます。

便秘になると食べたものが長い時間腸にとどまることになり、それが有害物質を発生させ体に害を与えます。

具体的には肌荒れやニキビ、皮膚病やアトピー、・・・

体に有害な物質を長く留めておくと言うことは、決して良いことではなくなるべく早く外に出す必要があります。

アレルギーも便秘による毒素が関係しているという説もあり、アレルギーやアトピーの人は腸内バランスが悪い場合が多いと言われています。

また、便秘がひどくなると当然どんどん弁が圧縮され硬くなり、排便時に肛門を傷つけます。

便秘の人は排便時に強烈な痛みを感じるため、便を出すことが怖いと無意識に感じるようになってしまいます。

それが悪循環となり便意を感じても我慢してしまうようになってしまうのです。

そうなると、便は石のように硬くなってしまい痔になってしまうので、便は硬くなる前に出すことがとても大切です。

痔はなかなか完治が難しくまずは便秘を改善することから始めないと、同じことの繰り返しになってしまうのです。

 

コメント