白髪染めについてお話します。

 

この白髪染めもアンチエイジング特集の一環のつもりですが、

微妙に違うかも? ですね(笑)。

 

ですが白髪染めについても、かなり間違った考え方が広まっているので、

今回はまずその訂正から始めます。

 

 

美容室の白髪染めと市販のものは違うのか?

 

はい、ほとんど同じです。

 

これ、どこを見ても違うと書いてありますね。

 

「美容室の白髪染めと市販のものは成分も全く違うので、

別物です」なんてよく書いてありますが、それはウソです。

 

成分はほとんど変わりませんし、カラーのバリエーションも同じです。

 

 

私は元美容師ですが、これは美容師だから知っていることではありません。

業者の人に聞いたから知っているのです。

 

ただ私はこういうことに興味があるので、業者さんにしつこいほど質問をします。

詳しくなりたいからなのですが、間違いなく嫌われてると思います(笑)。

 

ただし多少の違いはあります。

まず美容室の薬剤(白髪染め)のほうが、色が強く出る配合になっています。

 

そしてこれに関係するのですが、多くの美容室で明るい白髪染めをやりませんよね。

あれは出来ないからでは無いのです。

 

やらない理由は、キレイに染まらなくてやり直したり、返金したりするのが

嫌だからです。 美容室は商売ですから、そんなリスクはとらないよ、

というのが真実です。

 

 

確かに白髪は染まりにくいです。 でも明るい茶色なんて余裕で染まります。

問題は体質なのか、なんなのか?たまに本当に染まりにくい人がいます。

でもこういう方でも、暗い色なら染料の強さで染まるのです。

 

 

なので「明るい白髪染めがしたい」という方は、市販のものでやったほうが

良いと思います。

 

白髪染めの話は沢山あるので、また次回に書きますね。