髪にも悪い紫外線

ヘアケア ヘアケア

 

紫外線は、皮膚だけでなく髪の毛にも悪影響です。

 

髪の毛は、主にアミノ酸で作られています。

紫外線が髪の毛に当たると、紫外線は髪の毛に吸収されていき、アミノ酸が酸化しダメージを受けてしまうでしょう。

頭は体の一番上にある部位なので紫外線に当たりやすく、特に頭頂部が紫外線のダメージを受けやすい部分となっています。

 

髪の毛の為にも、日ごろから紫外線対策を行いましょう。

 

一番良いのは、外出する時間に気を付けることです。

紫外線は一日中一定の量ではなく、強い時間、弱い時間というものがあります。

 

特に11時から12時は最も紫外線の多い時間帯となっています。

この時間はもちろん、できれば10時から14時までの間は外出を避けた方が良いでしょう。

季節は関係ありません。 冬でも日光は避けましょう。

 

もし外出をする場合は、紫外線対策をして外出をしてください。

帽子や日傘があれば、頭皮を紫外線から守ることが出来るでしょう。

 

帽子を被る場合は、通気性の良い帽子がおすすめです。

ニット帽などは蒸れやすいので、頭皮に悪影響です。

 

日傘などがない場合は日焼け止めスプレーも良いでしょう。

最近は髪の毛用スプレータイプの日焼け止めがあります。

これなら気軽に付けることができますよね。

 

髪の毛に日焼け止めを付けたら、シャンプーでしっかりと洗い流す様にしましょう。

 

コメント