シリコンシャンプーというのが有名になったのは30年近く前だそうです。

当時1万円近くする新製品として発売され、かなりヒットしたんだとか。

そんな話を美容師の先輩から聞いたことがあります。

 

そのシリコンシャンプーはごま油みたいな色で、油を混ぜた水のように

キレイな2層なっていたそうです。

最近でもそういうシャンプーはありますよね。

 

ところでシリコンシャンプーのシリコン。

何年か前に物凄いバッシングにあっていましたよね(笑)

覚えている方も多いと思います。

 

シリコンシャンプーが責められた理由ですが、簡単に書くとこうです。

 

シリコン膜によって髪の毛がコートされるので、トリートメントに含まれる

髪の健康に有効な成分が全く吸収されない。

 

まずこれは本当なのか?ということですよね。

私が、あるシャンプー開発関連の仕事をされている方に聞いた話では、

確かにシリコンシャンプーによって、成分が遮断されることはある。

でもシリコンシャンプーはマニキュアみたいなもので、数日もすれば自然に

剥がれてしまう。 なのでトリートメントが効かないというのは言い過ぎ、

ということです。

 

シリコンシャンプーには、過去に「ヘアマニュキュア」という商品名の

ものもあったそうですが、このイメージが一番正しいように私も思います。

実際に私のいた美容室でも、シリコン入りのシャンプーを推奨していた時期はあり、

(今もあると思います)見た目の効果は確実にありました。

 

そして効果は1週間ぐらいですよ~と言っていた記憶もあります。

ただしこの時はシャンプーというより、トリートメント剤としての使用でしたね。

 

といううわけで、わりとありきたりの答えではありますが、

一時的に髪を綺麗に見せたいならシリコンは効果的。

でも継続使用は意味が無いよ、と言うことで、概ね正しいと思います。