女性の薄毛パターン・年齢

女性薄毛 ヘアケア

抜け毛や薄毛は男性の悩みだと思っている人が多いようですが、実は女性も同じ悩みを抱えている人は多いのです。

ただ男性と女性では薄毛のパターンや原因が違い、同じケアをすれば良いというわけではないようでうす。

女性の薄毛のパターンは分け目やつむじが目立ち、頭皮が見えるようになることで気づくことが多いようで、一部分が一気に抜けるというよりは髪が細くなりコシやハリがなくなることで、ペタッとした印象になります。

男性のように広範囲にわたって抜けてつるつるになることは少なく、全体的に薄くなることが多いようです。

女性の薄毛はきちんとしたケアを行うことで効果も出やすいようで、年齢を重ねてもツヤ、ハリ、コシのある健康な髪の毛を保てる人も多いのです。

女性の薄毛は若い人にも多く、ホルモンバランスも大きく影響しているようです。

このホルモンバランスは妊娠、出産や更年期だけではなく、ストレスや食生活の乱れによっても大きくバランスを崩すデリケートなものです。

また、最近は20代で薄毛に悩む人も多く、頻繁にパーマやカラーをすることで髪の毛だけではなく頭皮が傷んでいることも原因になっているようです。

女性の薄毛は早めに原因を知り対処することがとても大切で、生活習慣を見直すことと毎日のケアが改善への近道です。

 

 

男性はM字・頭頂部ですが、女性に多いのは

育毛剤

いつまでもふさふさで健康的な髪の毛を保っている人は、実年齢よりもずっと若く見え羨ましいですよね!

男性でも女性でも年齢とともに薄毛に悩む人は多くなるのですが、最近は若くても薄毛の人が増えているようです。

若い女性にとってこの薄毛は大問題で、外に出ることも嫌になってしまい、最悪の場合引きこもり心の病気を引き起こす原因になることもあるのです。

この女性の薄毛ですが、どの部分から薄くなっていくのでしょうか?

男性の場合はМ字と言って両こめかみのあたりから抜けて上から見るとローマ字のМのように見えるタイプや、頭頂部のつむじ付近から徐々に抜けてしまい両脇と襟足しか残らないタイプが多いようです。

しかし、女性はこのようなつるつるになる薄毛ではなく、分け目やつむじ付近の髪が薄くなり頭皮が見えはじめ全体的に髪も細くなります。

男性のように完全に髪がなくなり剥げるという人は少ないのですが、一部分だけ完全に髪の毛が抜け落ちてしまう場合は「円形脱毛症」かもしれないので病院での治療が必要です。

このように、男性と女性では髪の抜け方や場所が違い、女性の方が薄毛でも髪はあるという状態なので、分け目を変えたり薄い部分をごまかす髪型をすることでしのげるようです。

しかし、薄毛を改善して本来のボリュームを取り戻すには、ただしケアと生活習慣の見直しが必要なのです。

 

 

まずは育毛ケア

女性の薄毛はケア次第で改善しやすいと言われているので、まずは育毛ケアを行うことをおすすめします。

何から初めて良いのか分からない人も多いと思いますが、頭皮の健康を保つために何が必要かを考えると分かりやすいかもしれません。

頭皮の状態を整え健康な髪の毛を育てるためには、規則正しい生活と食事、ストレスをためすぎないことも大切ですが、低刺激で毛穴のつまりを解消してくれるシャンプーも必要です。

それに加えて一番結果を左右するのが育毛剤の効果です。

育毛剤は市販でも手に入りますが、女性特有の薄毛について研究されて作られたデルメッドヘアエッセンスが効果的です。

この育毛剤のすごさは、女性ホルモンの働きに着目した成分が含まれているため、分け目が年齢とともに髪が細くなり分け目も目立ち始める女性の薄毛に効果を発揮します。

参考=女性育毛剤の選び方

 

最近は、無理なダイエットやストレス、頻繁なカラーやパーマによる頭皮や髪の傷みが原因で、若い女性も周りの人からわかるほど薄毛になってしまっている人を見かけます。

そんな女性の薄毛にもこの育毛剤は効果的なので、毎日のケアに取り入れ続けると次第にボリュームのある元気な髪の毛に生まれ変わるはずです。

髪の生え変わりの周期を考えると、目に見えて効果が出るにはしばらく時間が必要なので、とにかく数か月続けることが大切です。

 

 

コメント