30代を過ぎると多くの人が数本の白髪を発見するのではないでしょうか?とりあえずそのままにしておくか、目立つ場所ならば抜いてしまいますが徐々に本数が増えだすと普通のヘアカラーから白髪染めにかえなくてはなりません。

ヘアカラーで白髪をごまかそうとする人もいますが、実際は白髪には色が入りにくくすぐに色が落ちてしまうのでやはり白髪には白髪染めが必要です!

しかし、初めて白髪染めを使うタイミングはいまいち分かりまんよね・・

常に同じ美容室に通っている人は美容師さんが「そろそろ白髪染めをしたほうが良いかもしれませんよ~」なんて教えてくれますが、自分で染めている人や全くカラーをしない人は何を基準に白髪染めを使い始めたらいいのでしょうか?

白髪が気になる出したら使えばいいのでしょうが、人それぞれ生える部分が違い一部分に集中的に生えてくる人は5.6本でも目立ちますよね?

しかし、内側にちらほら生えるタイプの人はそれほど目立たないので自分が気にならなければ染める必要はありません!髪の健康を考えると、出来るだけ白髪染めは使わない方が良いですからね・・

全体の1割ほどが白髪になるとさすがに目立ち始めるので、そろそろ全体染めを考える人が多いのではないでしょうか?

 

美容室での白髪染め・月の平均コスト

白髪染めは市販の物を購入すればいつでも自分でできますが、やはり薬剤の質や染め上がり、もちなどは美容室には劣るためきれいに白髪染めをしたい人や自分で染める自信がない人は定期的に美容室に通っているはずです。

白髪染めの平均コストはセルフの場合は薬剤だけなのでその値段によりますが、ドラッグストアで購入できるような一般的なものは1000円前後の物が多いようで、ネットショップなどで購入できる傷みにくく発色が良い物はもう少し高いものが多いようです。

美容室

それに比べて美容室でのコストはそれなりにかかりますよね?

ヘアカラーとそれほど変わらない料金で3000円から10000円とお店の料金設定た使用する薬剤の質によってかなり幅があるようです・・

しかし、美容室では2回目以降の白髪染めは全体を染めるのではなく信てきた部分だけを染めるリタッチなので半額程度で済む場合も多いようです。

ヘアカラーは髪の傷みを考え3か月に1度くらいが良いようですが、白髪染めはすぐに伸びてきた部分が目立ってしまうため頻繁に染めなくてはいけません・・

リタッチを自分で行うのは意外と難しいので、入浴中に簡単に白髪染めができるトリートメントタイプが最適ではないでしょうか?

こちらもお読み下さい=セルフ白髪染め 上手に染めるコツ