女性なら誰もが一度は憧れるストレートヘアですが、綺麗なさらさらストレートを維持するにはスタイリング剤が欠かせません。

朝起きてそのまま外出するわけにはいきませんし、アイロンだけでセットすると、時間が経つにつれて髪の毛がうねってきてしまう人も多いでしょう。

スタイリング剤には、ドライヤーやアイロンの熱から髪の毛を守る役割もあるので、綺麗なストレートヘアを維持したい人はスタイリング剤を使用しましょう。

 

ストレートヘアにおすすめのスタイリング剤は、保湿効果が高くて髪の毛に馴染みやすい「ウォータータイプ」と「オイルタイプ」です。

ウォータータイプのスタイリング剤は、簡単にスプレーできるミストとして販売されていることが多く、忙しい朝でも手軽に使用できます。

「フワリエ ストレートスタイルミスト」や「リーゼ らくらくまっすぐのばせるミスト」などの商品は、ストレートヘアの人のために作られているので、迷ったときに選んでみると良いかもしれません。

オイルタイプのスタイリング剤は、アイロンの熱から髪の毛を守ってくれる効果が高いので、毎日アイロンでストレートヘアを作っている人におすすめです。

 

ショートとロングなど、なんでも使える?

ストレートヘア用のスタイリング剤は、基本的にはショート・ロングに関わらずどのような髪形にも使用できます。

ですが、ショートだとロングに比べて髪の毛の重さが軽いので、どうしてもハネなどのクセがついてしまいがちです。

そのため、朝起きてすぐにストレート用のスタイリング剤を使用せず、水などで濡らして寝癖を整えることから始めている人が多いのではないでしょうか。

ショートの悩みを解決するために、髪の毛をセットする前のベースとなるスタイリング剤を使用してみると良いかもしれません。

 

例えば、洗い流さないトリートメントや乾いた状態の髪の毛に使用できるトリートメントで、手軽に髪の毛のクセを整えるという方法があります。

寝る前に洗い流さないトリートメントを使用することで、寝ている間に髪の毛のダメージを修復できますし、寝癖を防ぐこともできます。

また、乾いた状態の髪の毛に使用できるトリートメントなら、わざわざ髪の毛を濡らして寝癖を直す必要がありません。

トリートメントでベースを作ることで、よりスムーズに髪の毛のセットができるでしょう。
ストレートにするのが難しいと感じるときは、ワックスで無造作ヘアを楽しむのも良いかもしれませんね。

 

市販スタイリング剤、 値段でどのくらい差が出る?

お店に並んでいるスタイリング剤を見てみると、同じワックスやオイルでも商品によって値段が違うことがわかります。

では、高いスタイリング剤と安いスタイリング剤の違いは何なのでしょうか?

 

高いスタイリング剤には、安いスタイリング剤に配合されていない成分が多く含まれていることがあります。

例えば、

  • オリザノール
  • シアバター
  • ワレモコウエキス

などです。

これらの成分は髪の毛に潤いを与える効果があるので、スタイリング剤を使用することで髪の毛の保湿ケアもできることになります。

また、紫外線によってヘアカラーが抜けてしまうことを防ぐ成分や、髪の毛を外部の刺激から守る成分が配合されていることもあります。

 

とは言え、高いスタイリング剤を使用したからと言って、必ずしも綺麗な髪の毛になるとは言い切れません。

髪質は人それぞれですし、乾燥・傷み・ベタつきなど髪の毛の悩みも人によって違います。

自分に合わないスタイリング剤を使用することで髪の毛の状態が悪くなってしまうこともあるので、スタイリング剤は値段で選ぶよりも、目的に合わせて選んだほうが良いでしょう。

自分に合ったスタイリング剤を選ぶために、自分の髪質についてよく知っておくことが大切です。