自分に合うヘアースタイルを見つける方法

スタイリング・メイク スタイリング メイク

 

自分に合うヘアースタイルを見つける方法とは?

 

これは「ヘアースタイル」のところを「メイク」に変えても通用する方法です。

これは絶対にこの方法が一番!というわけではなく、

簡単で誰にでも出来るということで、私が一番おすすめしたい方法です。

 

 

有名人のスタイルを真似よう!

 

自分が「あ、素敵だな、こうなりたいな」と思う写真があれば、

その人にスタイルをコピーする、これが一番オススメの方法です。

基本中の基本、ある意味「王道の方法」と言えますね。

 

雑誌でもネットでもいいので、自分が一番気に入った写真を選んで

美容師さんに「こうしてください」と頼むだけです。

 

これ実は美容師側にとっても凄く助かる方法なのです。

基本的に美容師に口でスタイルを説明してもなかなか理解されません。

これは美容師側にある種の先入観があるからだと思います。

例えば「あぁ、たぶん今流行のスタイルのことだろう」とか、

「あの芸能人みたいなスタイルか」とか、美容師が知っているスタイルに

当てはめてしまうので、もしそこが食い違っていると、

全然違う仕上がりになってしまいます。

 

なので口で説明することは無理だと最初から考え、

美容室に行く場合は必ず写真持参で行くことです。

これだと美容師の腕がよくわかりますので、そういう意味でもオススメです。

 

 

美容師の腕の差

 

実はこれ、人が考える以上にあるのです。

特に違いが出るのは、美容師本人がイメージしたスタイル通リに

仕上げられるか?というところだと思います。

 

これはカットの技術よりも、その美容師が持っているデザイン力の違いです。

ある意味「絵を描く」とか、「美術品を造る」といった分野だと思います。

 

カットの技術は才能もありますが、それは経験で埋められます。

ですがこの頭に描いたスタイルを、イメージ通りに仕上げられるかというのは、

経験では埋められないものだと私は思います。

 

実は私はこの才能の差を何度も味わってきました。

経験なんて殆ど無いのに、私よりはるかにきれいに仕上げる人を

何人か見てきました。

 

最初は自分に才能がないと認められなかったのですが、

何人かそういう人を見てきて考えが変わりましたね。

ああ、自分には向いていない、技術者より経営とか運営をやろう、

そんなふうに変わっていきました。

 

 

恥ずかしがらずに

 

とてもカワイイ女優さんや、ハリウッドスターの写真を美容師に見せて、

こうしてくださいなんて、とても言えない!と思う人も多いでしょう。

 

ですが先ほど書いたように、美容師はそうしてくれると楽なのです。

確かに意地の悪い美容師もいるかもしれません。

ですがアナタはお客様、美容室では神様です。

意地の悪い美容師も、少なくとも表面上は丁寧に対応するでしょう。

 

そうです、美容室では美容師なんてただの使用人。

お金を頂いて働く使用人ですから、気にすることなんてありません。

笑顔で写真を見せて、「こういうスタイルにして」と伝えれば、

その美容師はアナタに細かい指示を仰ぐでしょう。

こういう流れ作業的な仕事というのは、美容師にとっても気楽でいいのです。

 

何も恥ずかしがる必要はありません。

ただし似合うか似合わないのかの問題は残ります。

ですがこれを続けていれば、いつか必ず自分にピッタリ、

イメージ通りのヘアースタイルが見つかるでしょう。

 

ぜひ試してみてください。

コメント