顔の中でも皮膚が薄く敏感なのが目元ですが一番メイクが濃くなる部分でもあるため、メイク方法を間違えると肌が荒れてしまうなどのトラブルが起こる可能性があります。

目元のメイクは取れやすく汗や水で簡単ににじんでしまうため、一日中メイクが崩れないように専用のクレンジングでしか落とせないウォータープルーフタイプを使う人が増えています。

しかし、この専用のクレンジングは当然成分が強いためで肌荒れを起こすことも多いので注意しなくてはならないのです。

また、目元メイクは残りやすく特にアイラインを目の際まで入れている人は、その部分まできちんと落とさないと肌荒れだけではなく目の病気にもなりやすいので、目元のメイクはあまり濃くせず粘膜に付かないようにすることも大切です。

最近ではつけまつ毛を利用する人も多いようですが、外す際に無理に引っ張ると肌荒れを起こしやすく皮膚のたるみの原因にもなるので必ずお湯で優しく外し必要があります。

目元のメイクはその人の印象を決めるため、気合を入れる人が多いのですがやり過ぎると肌荒れを起こしメイクができない状態になる場合や老け顔の原因にもなりなりかねないので肌に負担のかからないメイク方法を心がけましょう。