日本人は、「あまり歯に関心がない」と、よく言われます。

 

まずなぜ日本人が歯の健康についてしらないか?ですが、

これは教育以外の何物でもないと思います。

 

もちろん日本でも歯磨きや、歯の健康について学校でも教えますが、

アメリカでは親が徹底的に教えますし、周りの友人からも

かなりのチェックが入ります。

 

 

なので歯が健康でないというのは、アメリカではあり得ない事です。

そして「アメリカ」と書きましたが、実際はヨーロッパや南米もそうです。

 

一般の人でも完璧な歯並びと、真っ白な歯まで求めるのは

アメリカ人だけですが、ヨーロッパや南米でも「口臭」、「歯周病」

なんていうのは、あり得ない事です。

 

*中東、アフリカ、アジアについて書いてありませんが、私が知らないだけです。

ですがおそらく欧米と同じだと思います。

 

 

そしてこれは必ず知っておいて欲しいのですが、世界では

「口臭」、「歯周病」、「歯石・歯垢」、「虫歯」、「歯並び」、を

非常に重視します。

 

 

口臭から歯並びまであげましたが、だいたいこの順番で重視

していると思います。

 

口臭なんてアメリカ人の前でさせていたら、

自分がボスでも無い限り、スバッと厳しい言葉で注意を受けるでしょう。

 

そして困ったことに私の周りの外国人は、

「日本人には口が臭い人がたくさんいる」と、言います。

 

これは雑誌やTVで紹介される「日本人の印象」では決して出てきませんが、

その理由はなんとなく差別的に聞こえるからだと思います。

ですがそれは日本人の感覚です。

 

世界では口が臭い=寝ぐせ全開、お風呂に入らない、などと同じ扱いです。

 

 

私が実際に聞いている限り、外国人が日本に来て一番驚いた事とは、

「多くの日本人は口が臭い」です。

 

 

ですが、内臓などの病気でない限り、これは克服可能です。

今回書いているのは、歯の健康についてです。

その他の理由で口臭がするなら、彼らもそれを理解するでしょう。

でもこの「口が臭い」は、歯や歯茎からくるものを指しています。

 

とにかく美容に興味をもつなら、歯の健康に関しては

最大限の注意を払う必要があります。

 

 

そこでまず、「歯石」について、次回書いていきます。