歯周病に効果のあるブラッシングです。

歯を磨くというのは、実際には歯茎もキレイにする必要があります。

 

ここで多くの方が間違えているのは、歯茎の磨き方です。

これも外国では当たり前の話ですので、是非覚えて実践してください。

 

そしてここでも電動歯ブラシが強力な武器となります。

特にソニッケアーは最強クラスです。 美の即戦力ですよ。

 

詳細は=水の出る歯ブラシ・ソニッケアーダイヤモンドクリーン

 

 

歯と歯茎の間にブラシを入れる 

 

歯茎の磨き方とは、歯茎の本体を磨くのではありません。

歯と歯茎の間にブラシを入れるのです。

 

具体的に言うと、歯と歯茎の間に45度ぐらいの角度で毛先を当て、

実際に歯茎の中に毛先が入るようにして磨きます。

 

最初は痛いんじゃないの?と感じるでしょう。

ですがそんなに痛くありません。 まず磨くのは軽くです。

そして使う歯ブラシは「必ず一番やわらかめ・超極細毛」を選んでください。

 

日本人は「普通」や「かため」をチョイスする方が多いそうですが、

他国では超やわらかめが当然のように選択されています。

 

というより日本のハブラシは硬すぎるという人が多いです。

「まるでスニーカーを洗うブラシのようだ」と言ったアメリカの友人も

いました(笑)。

 

話がそれましたが、歯茎の表裏をしっかり毛先を入れて磨いてください。

これで歯周病の方でも。1ヶ月もすると口臭がかなり消えてきます。

 

普通の歯茎は、指で歯と歯茎の間を触って臭いを嗅いでも

全く臭いません。 ですが歯肉炎の場合、嫌な臭いがするはずです。

 

ですが上記の磨き方でしっかり磨けば、意外と早い段階から効果が出ます。

 

歯周病も全然治るのです。

 

そしてここでも電動歯ブラシの威力が凄いです。

コレで歯茎を磨くと、歯茎が本当のピンクになります。

 

血行も良くなるのでしょう、本当に美しい歯茎になりますので

是非試してみてください。